グランドサイプレス ゴルフリゾート、ニューコース
Grand Cypress Golf Resort (The New Course)

コースデータ
所在地 アメリカ、フロリダ州
コース長 6851ヤード パー72
コースレート 71.9
プレー日 2017年4月21日
設計者 ジャック・ニクラス
オープン 1984年
キャディ なし
ゴルフカート あり (FW走行可)
評価
総合評価
3.90
コースレイアウト
4
難易度
3
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
満足度
4

ニューコースとノース・サウスコースの各18ホールとイーストコースの9ホールとを合わせて45ホール有する一大ゴルフリゾート。ニューコースはジャック・ニクラスがセントアンドリュースのオールドコースを称賛のしるしとして、造られた。コースの周辺だけでコース内には背の高い木は全くなく、石壁にも時々出くわし、ポットバンカーはセントアンドリュースと同様の3.6メートルの深さで、それらのバンカーは常時プレー中良く効いてくる。また、オールドコースを模倣した7個の他のグリーンとの共有巨大グリーンも面白い。つまり14ホールがとても長い共有グリーンである。



2番ホールの景観

6番と12番の共有巨大グリーン

FWもグリーンもスコットランドのコース同様に硬く、ボールが良く弾む。バーン(クリーク)の形状もスコットランドのコースで見かけるのとそっくり。1番と18番ホールはセントアンドリュースのオールドコースのレプリカ。フロリダ州の真ん中にあり海沿いではないコースで、セントアンドリュースでプレーしたことがないゴルファーにセントアンドリュースでのリンクス風の体験を味わえるとの観点からは、ユニークなコースと言える。

8番グリーン手前のバーン

15番FWにある石壁

15番ホールからの景観

 
4番 パー4 440ヤード

左ドッグレッグの難ホール。ティショットではFWはタイトで右サイドは密な林なので、ボールがそこに飛べば、ロストボールになる。また左右に2個ずつのFWバンカーがありFW真ん中にもポットバンカーがある。このポットバンカーに入れば、出すだけになる。グリーンは少し砲台でアンジュレーションが強い。

 

4番 パー4 440ヤード(3)

4番 パー4 440ヤード(2)

4番 パー4 440ヤード(1)
 
7番 パー3 198ヤード

7番 パー3 198ヤード(2)

7番 パー3 198ヤード(1)
少し打ち上げ。手前にポットバンカーが配され、グリーンは強く受けている。グリーンは11番ホールとの共有で横にとても長い。
 
8番 パー4 440ヤード

FWは波打っている右ドッグレッグ。ティショットでは合計6個あるポットバンカーが配されていて、狙いはFWの左中間が良い。セカンドはグリーンのすぐ手前を横切るバーン(クリーク)に注意。グリーンは受けながら左奥にマウンドが施されている。セカンドの正確性が要求されるホール。

 

8番 パー4 440ヤード(3)

8番 パー4 440ヤード(2)

8番 パー4 440ヤード(1)
 
12番 パー3 227ヤード

12番 パー3 227ヤードド(2)

12番 パー3 227ヤード(1)
タフなショート。グリーンの左にポットバンカーが配され、砲台で6番ホールとの共有グリーン。
 
15番 パー5 570ヤード

名物ホール。右ドッグレッグの難ホールだが、FWはとても広いが左右に分かれている。左FWは距離が遠くなるので通常右FWを選ぶ。右FWへのティショットでは、左に5個のポットバンカー群があり越えるには255ヤードが必要で、左では石壁と池が効いてくる。セカンドはFWに横たわる巨大な“地獄のバンカー”を越えるか、手前に刻むかの決断に迫られる。グリーンは強い左傾斜で3番ホールと共有グリーン。グリーンは4個のポットバンカーでガードされている。

 

15番 パー5 570ヤード(3)

15番 パー5 570ヤード(2)

15番 パー5 570ヤード(1)
 
17番 パー5 485ヤード

2オン可能なやや右ドッグレッグの短いミドル。このホールもFWは波打っている。セカンドはグリーン4、50ヤード手前のFWセンターに配された2個のクロスバンカーが効いてくる。グリーンは砲台で右に1個のポットバンカー、奥には道路と石壁が配されている。セントアンドリュース・オールドコースの17番がイメージされているホール。

 

17番 パー5 485ヤード(3)

17番 パー5 485ヤード(2)

17番 パー5 485ヤード(1)
 
18番 パー4 371ヤード

18番 パー4 371ヤード(2)

18番 パー4 371ヤード(1)
ストレートのやや短いミドル。バンカーが一つもないホールで右にはOBゾーンがあるが、10番ホールと共有FWなので広い。グリーンの手前に窪地があり、“罪の谷”と呼ばれる。グリーンは四角形。セントアンドリュース・オールドコースの18番のコピーホール。
 
余談
オーランド市から南西に25分、オーランド空港から西に22分。グランドサイプレスGRは言わば”ゴルフ銀座”の地域にあり、車で約1時間のエリアに150ほどのゴルフコースがある。パブリックコース。すぐ近くに評判の高いグランドサイプレスGRのホテルがあり、ノースコースの景観が部屋から見えると聞く。

レストラン

プレー直後のサンセット

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)の2018年度フロリダ州で第45位のベストコース。フロリダ州には1250ほどのゴルフコースがある。

ジャック・ニクラス設計のゴルフコースはフロリダ州で28あり、トップ100ゴルフコースの2018年度フロリダ州ベスト100コースにランクインしているのは、ラ・ゴースCC、オールド・コークスクリューGC、PGAナショナル・チャンピオンコース、ノース・パームビーチCC、ザ・ロクサハッチーC、アビラG&CC、グランドサイプレスGR・ニューコース、グランドサイプレスGR・ノース・サウスコース、ハンモックビーチR・オーシャンコースがある。