ガレイン ゴルフクラブ、No.1コース
Gullane Golf Club (No.1 Course)

コースデータ
所在地 スコットランド、エディンバラ
コース長 6873ヤード パー71
コースレート 74.1
プレー日 2015年7月20日
設計者 不明
オープン 1884年 
キャディ あり (要事前予約)
ゴルフカート なし
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
満足度
5
 

1850年代には7ホールあり、1882年に18ホールにコース改造を始めた。1910年には18ホールの3コース(No.1、No.2、No.3コース)が完成した。No.1コースは丘をとりこんだレイアウトで、1番から18番までクラブハウスに戻らない。1番、2番は丘に向かって進め、2番は急な打ち上げ。2番を終えると丘の上から、ガレインのコースとガレインの街並みの広がり、素晴らしい眺望を味わえる。ここからコースは海に向かったり、再び丘を登ったりを繰り返す。ガレインの丘の頂上に位置する6番ティからの風景はゴルフ界最高のパノラマ景観のひとつとして名高い。右眼下にミュアフィールドGC、遠景には西にエディンバラ、北にフォース湾、天気の良い日はここから10コース以上見渡すことができる。7番ティから対岸のセントアンドリュースが見える。



クラブハウスからの景観

2番ティからの景観


6番ホールからの景観

7番ホールからのコースとセントアンドリュース

7番ホールから望むミュアフィールドGC

アップダウンと合計123個のバンカー、風との闘いがコースを手強くしている。グリーン状態は素晴らしい。2015年と2018年スコティッシュ・オープン開催。一般道路のすぐ近くに1番ティがあり、コースを囲む塀や壁、樹木が何もないので、コース全体が自然と溶け込んでいる。


12番ティからの景観

17番ホールから望むガレインの街並み

景観

スコアカード
 
2番 パー4 412ヤード

左ドッグレッグの打ち上げ。ティからグリーンまでFWはタイト。グリーンは縦に細長く、左右のデューンに挟まれている。受けグリーン。

 

2番グリーン

2番 パー4 412ヤード(2)

2番 パー4 412ヤード(1)
 
3番 パー5 523ヤード

3番 パー5 523ヤード(2)

3番 パー5 523ヤード1)
やや右ドッグレッグで、ティからもセカンド地点からの海が見えるホール。ティショットは打ち下ろしなので、ロングヒッターは2オン可能。ティショットは3個の右FWバンカー、セカンドは左右4個のFWバンカーが効いてくる。グリーンは少し砲台で、左に3個、右に2個のガードバンカーが配されている。ゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。
 
5番 パー4 450ヤード

5番 パー4 450ヤード(2)

5番 パー4 450ヤード(1)
左ドッグレグの難ホール。ティショットは左コーナーの3個のバンカーが効いていて、飛べば飛ぶほど落し所が狭い。セカンドは強い打ち上げ。グリーンは2個のポットバンカーでガードされている。
 
7番 パー4 398ヤード

豪快に打ち下ろしていく、ほぼストレートホール。ティショットでは左右5個のバンカーと1個のクロスバンカーがある。ショットが飛べば飛ぶほどFW幅が狭くなり、FW真ん中のクロスバンカーも効いてくる。グリーン周りに4個のガードバンカーが配され、グリーン上は微妙なアンジュレーションが施されている。

 

7番 パー4 398ヤード(3)

7番 パー4 398ヤード(2)

7番 パー4 398ヤード(1)
 
9番 パー3 194ヤード

9番 パー3 194ヤード(2)

9番 パー3 194ヤード(1)
打ち下ろしのショートで、グリーンは手前から奥に下っているので、ピンまでの距離を合わすのが難しい。グリーンは8個のバンカーで囲まれている。
 
11番 パー4 471ヤード

ストレートホール。ティショットはブラインドの打ち下ろし。セカンドは強い打ち下ろし。グリーンは円形で3個のバンカーでガードされている。グリーン後方の海が綺麗。

 

11番 パー4 471ヤード(3)

11番 パー4 471ヤード(2)

11番 パー4 471ヤード(1)
 
13番 パー3 178ヤード

13番 パー3 178ヤード(2)

13番 パー3 178ヤード(1)
砲台グリーンで6個のバンカーでガードされている。やや受けグリーン。
 
15番 パー5 580ヤード

ほぼストレートの長いロング。ティショットは右FWバンカー2個とクロスバンカー1個で、FW左半分に打たなければ、これらのバンカーに捕まる可能性が高い。セカンド、サードと打ち上げ。強い受けグリーン。

 

15番 パー5 580ヤード(3)

15番 パー5 580ヤード(2)

15番 パー5 580ヤード(1)
 
17番 パー4 390ヤード

17番 パー4 390ヤード(2)

17番 パー4 390ヤード(1)
名物ホール。豪快な打ち下ろしなのでワンオンしそうだが、320ヤード先にクロスバンカーが3つFWに並んで横たわり、ロングヒッターがドラバーを使うと、これらのバンカーに必ず捕まる。グリーンは横長で、2個のポットバンカーが配されている。
 
余談
グラスゴー空港から東に1時間25分、エディンバラから東に40分。プライベートクラブだがプレー可能。前夜宿泊したGreywalls Hotel & Chez Rouxから5分。午前ミュアフィールドGC、午後にガレイン GC・No1コースをプレーした。

世界最古のリンクスコースはガレインのあるスコットランドの“ゴルフ海岸”に存在しており、この地方ではなんと1600年代からゴルフ競技が行われてきた。



Greywalls Hotel & Chez Roux

Greywalls Hotel & Chez Roux

Greywalls Hotel & Chez Roux

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)の2019年度スコットランドのベストゴルフコース第20位、イギリス諸島全体では第60位に選ばれている。2017年にはイギリス諸島全体で2800コースあり、その内スコットランドにはおよそ580コースある。


メインコース

メインコース

メインコ岸

プレー後にゴルフ場のすぐ近くにある、イタリア料理店、メインコースで夕食をした。地元の客で賑わっている人気店だ。