BRG レジェンドヒル ゴルフリゾート
BRG Legend Hill Golf Resort
コースデータ
所在地 ベトナム、ハノイ
コース長 7121ヤード パー72
コースレート 73.9
プレー日 2017年12月23日
設計者 ニクラス・デザイン
オープン 2015年
キャディ あり
ゴルフカート あり (FW走行可)
評価
総合評価
4.15
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
4
造形美、景観
4
満足度
4
 

美しいソックソングの山々に囲まれた、全体的にフラットなパークランドコース。ホール間を遮る林も少なく、開放感がある設計になっている。18ホールで36のグリーンの楽しみができるように、日本のコース以外では珍しい、1ホール2グリーン制を取り入れている。レジェンズグリーンとマスターズグリーンがあり、今回はマスターズグリーンでのプレーだった。マスターズグリーンは250ヤード短い6873ヤードだが、難易度はマスターズコースの方がコースレートが74.6とレジェンズより少し高い。2つのグリーンは平行ではなく、上下に上手くレイアウトされているが、パー4のセカンド地点、パー5のサード地点から臨むグリーンをターゲットとする周囲の景観が広がって締まっていない印象を受けるのが少し残念。



15番グリ―ン

17番グリーン

17番グリーンからの景観

個人的にはグリーンに近づくにつれエリアが絞られるべきと思う。結論的にはレジェンドグリーンは7100ヤードを越え、随所に戦略的に池が配され、多くのバンカーが効いてくるので、チャレンジングなコースに仕上がっている。また少し短いマスターズグリーンも楽しめ、18ホールのコースが36ホールの2コースとなる。1980年以前に日本、台湾、韓国で設計された2グリーンのコースにも言えるが、グリーンが並列している2グリーンは戦略性の観点から良くないが、前後で距離を分けていて、しかも2グリーンが互いに独立していれれば、どちらのグリーンをプレーしても面白いコースが多い。

スコアカード

 
5番 パー3 188ヤード

5番 パー3 188ヤード
池越えのショート。グリーンは横長で手前から左サイドが池に接し手前と奥にバンカーが配されている。
 
6番 パー5 525ヤード

セカンド地点から池を囲むように強く右に曲がるロング。ロングヒッターは池越えのセカンドで2オンを狙えるが、グリーンの左サイドは池に面してリスクが高いが、グリーン手前の右FWに安全に刻むことも可能。ただその場合200ヤード以上の池越えのキャリーが必要。通常はセカンドを左のFWに刻み、サードで池越えのルートになる。その場合セカンドではFWの右サイドは池に面し、サードではグリーン手前が池に面する。グリーンは砲台。

 

6番 パー5 525ヤード(3)

6番 パー5 525ヤード(2)

6番 パー5 525ヤード(1)
 
8番 パー5 596ヤード

池に沿ってほぼ直角に右に曲がる距離のあるロング。ティショットは池越え。セカンドショットは落し所付近の左右に密集するバンカー群が効いてくる。グリーンの左サイドにバンカーが配され、奥が低い2段グリーン。

 

8番 パー5 596ヤード(3)

8番 パー5 596ヤード(2)

8番 パー5 596ヤード(1)
 
9番 パー4 454ヤード

9番 パー4 454ヤード(2)

9番 パー4 454ヤード(1)
FWの右サイドが池になる、右ドッグレッグ。セカンドは池越え。段差の強い2段グリーンで左右は深いバンカーでガードされている。
 
11番 パー3 187ヤード

11番 パー3 187ヤード(2)

11番 パー3 187ヤード(1)
アイランドグリーンのショート。左右の2段グリーンで左の段が低い。グリーンの手前と左サイドにバンカーが配されている。
 
12番 パー4 416ヤード

ほぼストレート。セカンドは少し打ち上げ。グリーンは縦に長くて、左右はバンカーでガードされている。受けグリーン。左ドッグレッグのレジェンズグリーンは距離が477ヤードになり、相当難しくなる。

 

12番 パー4 416ヤード(3)

12番 パー4 416ヤード(2)

12番 パー4 416ヤード(1)
 
13番 パー5 525ヤード

12番 パー4 417ヤード(2)

12番 パー4 417ヤード(1)
池に沿った強い左ドッグレッグ。ティショットではFW左サイドは池に面しているが、FWは広い。ロングヒッターはセカンドで池越えの2オンを狙える。グリーンは砲台で横に長く、手前はバンカーでガードされている。 (セカンド地点の写真なし)
 
15番 パー3 202ヤード

15番 パー3 202ヤード(2)

15番 パー3 202ヤード(1)
クリーク越えの美しいショート。グリーン左サイドはクリークに面し、右サイドにバンカーがある。砲台グリーン。
 
18番 パー4 451ヤード

左手に池が広がる左ドッグレッグ。ティショットでは左サイドの池と左右に配されて3個のバンカーが効いてくる。グリーンは縦に細長く、左半分を囲んでいる池と左右のバンカーでガードされている。

 

18番 パー4 451ヤードド(3)

18番 パー4 451ヤード(2)

18番 パー4 451ヤード(1)
 
余談
ハノイ都心部から北に55分、ノイバイ国際空港からほぼ北に25分。プライベートクラブだが、ビジターのプレーは可能。ナイター設備があるので夜間でもプレー出来る。プレー日はクラブ主催のクラブチャンピオンシップのコンペと重なり、特別参加ができた。プレー後の表彰式には歌と踊りのショーがあり楽しかった。

キャディ

ショー


レストラン

ランチ

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)での2020年度ベトナムのベスト30コースで第13位。ベトナムには100ぐらいのゴルフコースがある。

ニクラス・デザインでの他のベトナムでのコースは、BRGキングスアイランドGR、キングスコース、ロイヤルGC、BRGルビーツリーGR、FLCサムソンGL、ダナンGC・ニクラスコース(9ホール)、FLC クイニャンGL・オーシャンコースなどがある。



シェラトン・ハノイ

シェラトン・ハノイ

部屋からの景観


ディナー

ディナー

ディナー

プレー前夜はシェラトン ハノイに泊まった。ゴルフ場まで北に50分。夕食はホテル内のレストランで食べた。ホテルは良く、ホテル内のレストランでの食事も美味しかった。 このホテルは3年前に泊まった時にはまだ着任していなかったが、今回はたまたま高校(神戸市内)の同級生が支配人をしていた。ハノイ駐在の同じ高校の別の同級生も参加し、3人で一緒に夕食を共にした。お互い40年の年前の高校時代にタイムスリップした感じで昔の話題で大いに盛り上がった。