習志野カントリークラブ、キングコース
Narashino Country Club (King Course)
コースデータ
所在地 千葉県
コース長 7011ヤード パー72
コースレート 73.0
プレー日 2018年7月3日
設計者 藤田欽哉
オープン 1965年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.10
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
3
 

2グリーンの林間コース。イングランドの森の中にあるパークランドコースをイメージして設計された。なだらかな丘陵地にキングコースとクイーンコースの36ホールあり、キングコースは距離が長くアスリート向けで、クイーンコースは距離は短いが戦略性の高いレイアウトになっている。本グリーンは今回プレーしたAグリーンだが、グリーンがBグリーンと並列しているのが少し残念。キングコースはFWが狭く、ラフは密集していて、バンカーはしっかり効いていて、グリーンを外すと寄せが難しい。特に奥からのアプローチは寄らない。パー5に良いホールが多く、4番、6番はダイナミックで18番は距離があって難しい。1974年から1997年まで男子プロのトーナメント、2007年と2008年は女子プロのトーナメント、2016年には日本シニアオープンを開催。



8番、パー5 セカンド地点から

10番、パー4 セカンド地点から

14番、パー4 セカンド地点から

2019年には日本初のPGAツアー「ZOZO CHAMPIONSHIP」を開催。OUTの9ホールをクイーンコースを使い、INのホールをキングコースの9ホールを使用して、7041ヤード、パー70とした。PGA開催コースとしては短いが、もともと狭い林間コースのFW幅を更に絞って難易度を高めたようだ。トーナメントの10番(キング10番)、11番(キング11番)、12番(キング8番)、13番(キング3番)、14番(キング4番)、15番(キング12番)、16番(キング16番)、17番(キング17番)、18番(キング18番)になっている。クイーンコースは3つのパー3、1つのパー5の構成になっている、通常営業ならパー74のコンポジットコースを、パー70として使用。

 
1番 パー4 393ヤード

1番 パー4 393ヤード(2)

1番 パー4 393ヤード(1)
直角に左に曲がるホール。ティショットはFWの右目狙いが良い。グリーンは3個のバンカーでガードされ、左サイドと奥にOBがある。グリーンは左傾斜。
 
3番 パー3 174ヤード

3番 パー3 174ヤード
グリーンの手前と左サイドにバンカーが配されている。ZOZOでは141ヤードに短縮されて使われた。バーディが狙えるホール。
 
4番 パー5 608ヤード

ストレートのとても長いロング。FWは馬の背状態でうねっていて狭い。セカンドでは落し所の左右にバンカーが配されている。グリーンは縦長の砲台2段グリーンで、左手前は大きなバンカーでガードされている。

 

4番 パー5 608ヤード(3)

4番 パー5 608ヤード(2)

4番 パー5 608ヤード(1)
 
5番 パー4 444ヤード

5番 パー4 444ヤード
右ドッグレッグ。ティショットでは左サイドのOBゾーンは浅く、右サイドにある2本の木が邪魔になるが、この2本の木越えがベストルート。砲台の横長グリーンで2個のバンカーでガードされている。
(ティショットの写真なし)
 
8番 パ-5 520ヤード

やや左ドッグレッグ。セカンド以降は打ち下ろし打ち上げになる。グリーンの手前に4個のバンカーが配されている。ZOZOでは490ヤードのパー4になり、ティショットでは左サイドの2個の大きなバンカーが効いてくる。

 

8番 パ-5 520ヤード(3)

8番 パ-5 520ヤード(2)

8番 パ-5 520ヤード(1)
 
10番 パー4 376ヤード

10番 パー4 376ヤード(2)

10番 パー4 376ヤード(1)
急な左ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろしで、左に池とクリークが絡んできて、ロングヒッターは右サイドの2個のバンカーが効いてくる。セカンドは打ち上げ。グリーン手前と奥にバンカーが配されている。
 
11番 パー5 529ヤード

やや左ドッグレッグ。ティショットでは左右にバンカーがある。グリーンは4個のバンカーで囲まれている。ZOZOでは486ヤードのパー4になる。

 

11番 パー5 529ヤード(3)

11番 パー5 529ヤード(2)

11番 パー5 529ヤード(1)
 
12番 パー4 405ヤード

12番 パー4 405ヤード(2)

12番 パー4 405ヤード(1)
ほぼストレートホール。ティショットでは245ヤード先から縦に長いバンカーが配されていて、FWは右傾斜している。グリーンは4個のバンカーで囲まれている。ZOZOでは20ヤード長くなり425ヤードになる。
 
16番 パー3 183ヤード

16番 パー3 183ヤード(2)

16番 パー3 183ヤード(1)
池越えのショート。グリーンは縦長で受けていて、3個のバンカーでガードされている。グリーンの左前半分のすぐ近くに池が配され、前は池に向かって傾斜しているので、ピンが手前に切られている時の、グリーンショートは禁物。
 
17番 パー4 461ヤード

17番 パー4 461ヤード(2)

17番 パー4 461ヤード(1)
左ドッグレッグの長いミドル。ティショットでは右サイドに2個のバンカーはあるが、FW右側狙いが良い。グリーンは手前左右を2個の大きなバンカーでガードされている。ティショットが良くない時はセカンドで無理をしないで、これらのバンカーの手前に刻むことも必要。ZOZOでは30ヤード長くなり491ヤードと大変長くなる。
 
18番 パー5 573ヤード

左ドッグレッグ。ティショットでは右サイドに縦に長いFWバンカーはあるが、FW右が狙い目。セカンドは緩やかな打ち下ろし。グリーンは砲台で、横に長い左右の2段形状で、右の段が高い。グリーンの右サイドに2個のバンカーが配され、グリーン奥からの寄せは難しい。

 

18番 パー5 573ヤード(3)

18番 パー5 573ヤード(2)

18番 パー5 573ヤード(1)
 
余談
東京都心から北東に1時間10分。成田空港から西に40分。電車では東京駅から50分、その後クラブバスで5分。ビジターのプレーは可能。

レストラン

ランチ

大浴場

2020年度もPGAツアー「ZOZO CHAMPIONSHIP」を開催予定だったが、コロナ禍の拡大影響で米国本のLA郊外にある、シャーウッドCCで行われた。20201年は習志野CCに戻ってくる予定。

藤田鉄哉設計の他のコースは、霞ヶ関CC・東コース、千葉CC・野田コース、習志野CC・クィーンコース、紫雲GC・加治川コース、伊豆国際CC、東松山CC、八幡CCなどがある。



サンオーク柏の葉

サンオーク柏の葉

前夜はホテルサンオーク柏の葉に泊まった。コースまで北西に25分。夕食はホテルから徒歩10分の花あかりで食べた。