永漢ゴルフクラブ
Yung Han Golf Club

コースデータ
所在地 台湾、台北
コース長 6690ヤード パー72
コースレート  
プレー日 2019年4月24日
設計者 加藤俊輔
オープン 1993年
キャディ あり
ゴルフカート あり 
評価
総合評価
4.45
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
5
 

木が少なく開放感がある美しい丘陵コース。距離はそれほど長くはないが、海から2.5キロしか離れていなくて、強い海風によりかなり手強いコースになる。7ホールで池が絡み、バンカーの配置が良く、FWは広いのと狭いのがミックスされていて、戦略的なコースに仕上がっている。各ホールは丘、林、ラフ、池、マウンド、高低差などでセパレートされ、リンクス風の趣もある。グリーンは硬くて高速の高麗芝(西桃園空港に順目)で、芝目が順目でフォローの風の時はグリーン上にボールが止まりにくい。



1番グリーン

14番ティからの景観

風の向きは一定(常に西の桃園空港に向かってフォローが吹く)だが、強弱によっていくつかのホールは攻略ルートが変わってくる。強風が吹く季節は台風並みの風の中でのプレーになる。各ホール変化があり、プレーしてとても楽しいコース。

14番グリーンから見るクラブハウス

8番ホールの風で傾いている木

コース上空の飛行機

スコアカード
 
2番 パー4 406ヤード
左に軽く曲がって、右に曲がるダブルドッグレッグのミドル。セミブラインドのティショットでのFWは狭めで、左サイドのOBゾーンは浅い。セカンド地点によっては右サイドにある丘によりグリーンが見えない。グリーンは縦長で小さく強く受けている。ティショットで左のOBを怖からず、勇気をもってFW左半分に打っていけるかがポイント。
 

2番 パー4 406ヤード(3)

2番 パー4 406ヤード(2)

2番 パー4 406ヤード(1)
 
5番 パー4 433ヤード

5番 パー4 433ヤード(2)

5番 パー4 433ヤード(1)
ほぼストレートの難しいミドル。通常アゲンスト風になるので表示以上の距離になる。ティショットではFWはタイトで右サイドの池が効いてきて、左サイドはOBゾーンがある。グリーンは横に長く、3個の深いバンカーと1つのグラスバンカーでガードされている。
 
6番 パー5 530ヤード
やや左ドッグレッグ。ティショットでは左右に池があるが、FWは広め。ロングヒッターには落し所が狭く、左サイドに縦に長いバンカーがあり、右サイドから池がFWに食い込んでいる。グリーンは横に55ヤードも長く、真ん中から左右に下っている。グリーンの左手前に大きくて縦に長いバンカーが配されている。
 

6番 パー5 530ヤード(3)

6番 パー5 530ヤード(2)

6番 パー5 530ヤード(1)
 
8番 パー4 442ヤード
やや左ドッグレッグ。通常アゲンスト風になるので、表示距離より長くなる。ティショットではFWは狭め。グリーンは横に長く、いくつかのラフのマウンドに囲まれている。
 

8番 パー4 442ヤード(3)

8番 パー4 442ヤード(2)

8番 パー4 442ヤード(1)
 
9番 パー4 387ヤード

9番 パー4 387ヤード(2)

9番 パー4 387ヤード(1)
右ドッグレッグ。ティショットでは右に大きなバンカーと池がある。セカンドは少し打ち上げ。グリーンの右手前も池があり、左サイドと奥にバンカーが配されている。18番グリーンとの共用グリーン。セカンド地点から臨むグリーン後方の景観が素晴らしい。
(ティショットの写真なし)
 
13番 パー4 398ヤード

13番 パー4 398ヤード(2)

13番 パー4 398ヤード(1)
緩やかな打ち上げの右ドッグレッグのタフなホール。ティショットでは左サイドに浅いOBゾーンとバンカーが効いてくる。グリーンは少し砲台の横長で、手前は大きなバンカーでガードされている。
 
14番 パー4 356ヤード

14番 パー4 356ヤード(2)

14番 パー4 356ヤード(1)
打ち上げの右ドッグレッグの短いミドル。グリーンは砲台で、縦長の2段グリーン。
 
15番 パー3 202ヤード

15番 パー3 202ヤード
高低差が20メートルほどある強い打ち下ろしのショート。グリーンは縦に長く、右サイドに2個のグラスバンカーが配されている。
 
17番 パー3 128ヤード

17番 パー3 128ヤード
短いが手強いショート。グリーンは斜めに置かれ、手前に2個、奥に2個のバンカーでガードされている。グリーンの奥行きはあまりないので、フォローの風と順目で、ウェッジ、9アイアンで打ってグリーンに乗っても、グリーン上で止まらなく奥のバンカーまで転がり落ちることが良くある。
 
18番 パー5 522ヤード
FWは蛇行しているがほぼストレートのロング。ティショットではFWは広い。セカンドは左右に池と右サイドにバンカーがあり、FWは狭い。サードショットは池越えになり、グリーンの手前はすぐ池になる。グリーンは横に細長く、強く右に傾斜していて、2個のバンカーにもガードされている。グリーンは共有の9番グリーンも含めると横に90ヤードも長い。
 

18番 パー5 522ヤード(3)

18番 パー5 522ヤード(2)

18番 パー5 522ヤード(1)
 
余談

桃園空港から東に18分、台北市内から西に45分。プライベートクラブだがビジターのプレーは可能。投資家、作家で有名な邱永漢が創始者で、コース名は彼の名前。



キャディ

レストラン

大浴場

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)での2020年度台湾ベスト15コースで第6位。台湾には65ほどのゴルフコースがある。

他の加藤俊輔設計コースは、台湾の立益GC、棕梠湖 R、韓国の清州CC、ロードランドG&V、中国のトムソン(湯臣)上海浦東GC、日本の太平洋クラブ・御殿場コース、ウェストコース、軽井沢コース、相模コース、高原コース、市原コース、益子PGAコースJFE瀬戸内海GCザ・ゴルフクラブ竜ヶ崎阪奈GC、九州GC・八幡コース野母崎GCアクアラインGCなどがある。片山津GC-白山コース加賀コースの改造も手がけている。

午前の便で香港から来て、午後にプレーした。