チェリーゴルフ鹿児島シーサイドコース
Cherry Golf Kagoshima Seaside Course
コースデータ
所在地 鹿児島県
コース長 7008ヤード パー72
コースレート 73.3
プレー日 2020年10月10日
設計者 小林光明
オープン 1989年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.10
コースレイアウト
3
難易度
3
グリーンコンディション
4
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
6
満足度
4

東シナ海を眼下に望む、開放感のあるスケールが大きいシーサイド・丘陵コース。全体的に高低差が強く、OUTは打ち下ろしが多く、INはよりアップダウンが激しく、いくつかの打ち上げのブラインドホールもある。シーサイドのホールは1番、2番、10番で全て海に向かっての豪快な打ち下ろしの絶景ホール。各ホールは起伏に富み、FWは広いわけでなく海風の影響も受けるので、ホールごとの攻略法を考えさせられる。2番、3番、16番ホールが特に印象に残る。パー3が長く、3ホールで長さが200ヤード前後ある。グリーンがメインとサブの2グリーンが置かれているが、現在は2、3ホールを除いて、数年前からサブグリーンは使ってない。グリーンは総じて小さく芝目は強く、傾斜は単純だが、グリーン面が堅いのは好感できる。歩きのプレーには不向きなコースで、カート必須でFWに乗り入できるので、厳しい高低差は気にならない。レイアウトの良さは普通だが、絶景を楽しみながらプレーできるコース。



クラブハウスからの景観

4番FWから振り返ティグランド

8番ティからの景観


13番、パー4

17番、パー3

18番FWからの景観

スコアカード
 
1番 パー4 415ヤード

左ドッグレッグ。ティショットは海に向かっての強い打ち下ろし。セカンドも打ち下ろし。グリーンは円形で左奥と右手前にバンカーが配されている。

 

1番 パー4 415ヤード(3)

1番 パー4 415ヤード(2)

1番 パー4 415ヤード(1)
 
2番 パー4 426ヤード

名物ホール。ストレートで、東シナ海に向かって豪快に打ち下ろす絶景のミドル。ティショットは強い打ち下ろしで、左サイドのバンカーが効いてくる。セカンドは少し打ち下ろし。グリーンはほぼ円形で受けていて3個のバンカーでガードされ、花道は狭い。

 

グリーンから見る2番ホール

2番 パー4 426ヤード(2)

2番 パー4 426ヤード(1)
 
4番 パー3 203ヤード

4番 パー3 203ヤード(2)

4番 パー3 203ヤード(1)
距離がある打ち上げのショート。グリーンは縦長で強く受けていて、左右手前にバンカーがあり、左サイドのOBゾーンは浅い。
 
6番 パー3 199ヤード

6番 パー3 199ヤード
谷越えのショート。グリーンの奥に2個のバンカーがある。
 
9番 パー4 418ヤード

海に向かって打つ左ドッグレッグの打ち下ろし。グリーンは大き目で縦長の2段形状で、右サイドはすぐOBになる。

 

9番 パー4 418ヤード(3)

9番 パー4 418ヤード(2)

9番 パー4 418ヤード(1)
 
10番 パー4 413ヤード

10番 パー4 413ヤード(2)

10番 パー4 413ヤード(1)
左ドッグレッグの東シナ海に向かっての強い打ち下ろし。ティショット、セカンドとも左サイドのOBゾーンは浅い。グリーンは円形で左サイドは大きなバンカーでガードされている。
 
11番 パー3 196ヤード

11番 パー3 196ヤード
(2グリーンあり手前のサブグリーンなので本グリーンより50ヤードほど短い)谷底に置かれたグリーンへの強い打ち下ろし。グリーンの右にOBゾーンがあり、左手前にバンカーが配されている。
 
14番 パー4 468ヤード

海に向かって打つストレートの長くてタフなミドル。ティショットは強い打ち下ろしで右サイドにバンカーが配され、左サイドからのセカンドはグリーンへのベストアングル。ティショットで距離が出ないとパーオンは難しくなる。グリーンは縦長で、右手前から右サイドにかけて1個の細長いバンカーと左奥のバンカー、奥のOBゾーンでガードされている。

 

14番 パー4 468ヤード(3)

14番 パー4 468ヤード(2)

14番 パー4 468ヤード(1)
 
16番 パー5 535ヤード

やや左ドッグレッグの絶壁のようなFWの上りに向かうロング。ここまで強い打ち上げがなかなか経験できないが、強い打ち下ろしホールとのバランスでレイアウト的に良いホール。3打とも距離が出ないとパーオンしない。サードショットが難しく、グリーン左右のOBゾーンは浅い。

 

16番 パー5 535ヤード(3)

16番 パー5 535ヤード(2)

16番 パー5 535ヤード(1)
 
18番 パー5 534ヤード

左ドッグレッグで“リスクと報酬”の美しいロング。ティショット、セカンドともに東シナ海に向かっての打ち下ろし。2オン可能だが、グリーン左サイドは崖、右サイドはOBがあり、セカンドでグリーンを狙うのはリスクが伴う。グリーンはほぼ円形で、左手前、左サイド、奥はバンカーでガードされている。

 

18番 パー5 534ヤード(3)

18番 パー5 534ヤード(2)

18番 パー5 534ヤード(1)
 
余談
鹿児島市から西に35分、鹿児島空港から南西に55分。プライベートクラブだがビジターのプレーは可能。クラブハウス、お風呂からは素晴らしい東シナ海の景色を望める。

レストラン

ランチ

お風呂

藤健設計での他のコースはABC GC、関西クラシックGCなどがある。


城山ホテル

城山ホテル

展望風呂から眺める景色

プレー前日は鹿児島市内の城山ホテル鹿児島に泊まった。標高108ネートルの高台にあるホテルで、温泉露天風呂から眺める鹿児島市街地と桜島は絶景。前夜の夕食はホテルからタクシーで12分南下して繁華街にある銀の串で食べた。炭火で焼き鳥を焼くお洒落な店で、美味しい焼き鳥と合う豊富な種類のワインと地元の焼酎を薦めてくれる。タクシーの運転手に、食後のしめは地元で賑わうラーメン小金田を推薦してくれたので、徒歩8分の店に行き、ほぼ満腹だったが半ラーメンをオーダーした。

銀の串

銀の串

銀の串

食後は運動も兼ねて25分歩き、ちょうど中間点にあるライトアップされた鹿児島(鶴丸)城跡を見てホテルに戻った。

ラーメン小金田

鹿児島(鶴丸)城跡

鹿児島(鶴丸)城跡