キングフィールズ ゴルフクラブ
King’s Fields Golf Club
コースデータ
所在地 千葉県
コース長 7133ヤード パー72
コースレート 73.0
プレー日 2021年12月3日
設計者 ベンツ&ポーレット社
オープン 1985年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
6
造形美、景観
4
満足度
6

風格漂う古木杉や、立派な赤松など大きく育った樹木がコースを彩る美しい丘陵コース。非常に開放感のあるアメリカンスタイルのレイアウトで、ヒトデ型のバンカー、大小の池とFWを流れるクリークが効果的に配置されており、戦略性と景観美に富む。18ホール全てに変化があるチャンピオンシップコース。FWは広くゆったりしている。グリーンは大きく平らに見えるが、実際プレーすると傾斜がきつくて難しい。コースの手入れは素晴らしく、FWはふかふか。1991年と2011年に女子プロのトーナメント開催。2006年から11年まで公式戦終了後に3ツアーズ選手権も開催された。



17番ティからの景観

17番FWからの景観

18番FWからの景観

スコアカード

 
1番 パー4 402ヤード

1番 パー4 402ヤード(2)

1番 パー4 402ヤード(1)
左ドッグレッグの打ち下ろし。ティショットは風格漂う二本杉のやや左側が狙い目。セカンドが難しく、縦長のグリーンの左サイドにグリーンと同じ長さのビーチバンカーと池が広がり、右サイドには2個のバンカーにガードされている。強い受けグリーン。
 
5番 パー3 170ヤード

5番 パー3 170ヤード
打ち下ろしで、広々とした景観が印象的なショート。グリーンは受けながら左から右に傾斜して、4個のバンカーでガードされている。グリーンの奥はすぐ深い森。
 
6番 パー5 551ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットでは左サイドのOBゾーンは浅い。セカンドでは左の池とFWを斜めに横切るクリークが効いてきて、クリークを越えて左サイドのFWに打つか、クリークの手前に刻むかの決断に迫られる。そのクリークはグリーン手前からすぐ右サイドに抜けていて、グリーンの左サイドに2個のバンカーが配されている。グリーンは斜めに細長い。

 

6番 パー5 551ヤード(3)

6番 パー5 551ヤード(2)

6番 パー5 551ヤード(1)
 
8番 パー4 416ヤード

8番 パー4 416ヤード(2)

8番 パー4 416ヤード(1)
ほぼストレート。ティショットは左右にバンカー。グリーンは縦に細長く大きな3段形状で、左右手前にバンカーが配されている。
 
9番 パー4 438ヤード

9番 パー4 438ヤード(2)

9番 パー4 438ヤード(1)
右ドッグレッグで緩やかな打ち上げで、距離のあるミドル。ティショットッでは右サイドに2個のバンカーがある。グリーンは右手前から左奥に斜めに伸びて4個のバンカーにガードされている。グリーン右手前の大きく深いバンカーに要注意。
 
10番 パー5 590ヤード

左に曲がってから少し右に曲がる、打ち下ろしで距離のあるロング。ティショットでは左のバンカー越えがベストルート。グリーンは縦に長く、真ん中から奥に下っていて、4個のバンカーに囲まれている。

 

10番 パー5 590ヤード(3)

10番 パー5 590ヤード(2)

10番 パー5 590ヤード(1)
 
11番 パー3 201ヤード

11番 パー3 201ヤード(2)

11番 パー3 201ヤード(1)
池越えの綺麗なショート。グリーン左手前は大きなビーチバンカーがあり、グリーンは横に長く少し受けている。ビーチバンカーと池が織りなす景観が美しい。
 
13番 パー4 410ヤード

13番 パー4 410ヤード(2)

13番 パー4 410ヤード(1)
やや右ドッグレッグの緩やかな打ち上げ。ティショットでは左右に3個のバンカーがあり、FW左サイドが狙い目。セカンドは緩やかな打ち上げ。グリーンは斜めの形状で奥から左奥から右手前に傾斜しアンジュレーションがきつく、4個のバンカーでガードされている。
 
16番 パー3 210ヤード

16番 パー3 210ヤード(2)

16番 パー3 210ヤード(1)
距離のあるショート。グリーンは大きく右に傾斜しながら受けていて、6個のバンカーで囲まれている。グリーン奥のユキヤナギや山吹が美しいホール。
 
17番 パー5 547ヤード

17番 パー5 547ヤード(1)
強い左ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろしで、右手の千葉県を形どった美しい池を見下ろしながらのプレー。FW右サイドの3個のバンカーを避け、ティショットはフェアウェイセンター左目に。セカンド、サードとも少し打ち上げ。グリーンは強く受けていて、5個のバンカーでガードされている。ロングヒッターは2オンを狙えるホール。

グリーンから見る17番ホール

17番 パー5 547ヤード(3)

17番 パー5 547ヤード(2)
 
18番 パー4 419ヤード

18番 パー4 419ヤード(2)

18番 パー4 419ヤード(1)
右ドッグレッグの池と赤松の美しいミドル。ティショットでは右の池を避け、左サイドの2個のバンカー狙いが良い。ロングヒッターは池越えのショートカットも狙える。セカンドは少し打ち上げ、グリーンはやや砲台の横長で左奥から右手前に速く、左右と奥にバンカー、右手前に池が配されている。
 
余談
東京から南東に1時間20分、成田空港からほぼ南に1時間。ビジターのプレーは平日のみ可能。シュウマイをはじめ中華料理のランチは美味しかった。練習場はきれいに整備されている。ほとんどのキャディのレベルはとても高いと聞く。

キャディ

お風呂


レストラン

ランチ

ベンツ&ポーレット社の他の設計コースはカレドニアンGC富里GCグレンオークスCCプレステージGC、岩手沼宮内CC、ゴールデンパームCC那須ちふり湖CC などがある。


クインテッサホテル銀座

クインテッサホテル銀座

前日はクインテッサホテル銀座に泊まり、夕食は麻布十番の味涎(あじせん)で食べた。お洒落な焼き肉屋で牛テールの塩焼きと塩タンが絶品だった。


味涎

味涎

味涎