マウンテン・レイク カントリークラブ
Mountain Lake Country Club

コースデータ
所在地 アメリカ、フロリダ州
コース長 6685ヤード パー70
コースレート 72.7
プレー日 2018年1月24日
設計者 セス・レイナ―
オープン 1916年
キャディ なし
ゴルフカート あり (FW走行可)
評価
総合評価
4.75
コースレイアウト
5
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
4

緩やかな傾斜があるパークランドコース。100年の歴史がある、冬の避寒地の隠れ家的なコース。メンバーの大半はニューヨーク、シカゴなど冬が寒い所から来ている富裕層。セス・レイナーのテンプレート・ホールとしてのダブル・ブラトー、アルプス、ピアリッツ、レダン、パンチボール、ショート、エデンがふんだんに使われ、18ホールの流れが素晴らしい。ほとんどのグリーンは正方形で、長方形のバンカーも多い。クラシックなコースで、距離はあまり長くないが、魅力に溢れたコースト言える。



クラブハウスからの景観

6番ティからの景観

9番、パー3

 
1番 パー4 365ヤード

1番 パー4 365ヤード(2)

1番 パー4 365ヤード(1)
ホール名:ダブルプラトー ストレートのやや短いミドル。ティショットでは左右に木立と左にバンカーがある。グリーンは左右のバンカーと、奥は長方形のグリーンの長さと同じバンカーでガードされている。ホールの名前がプラトー(砲台)で、これは砲台グリーンという意味合いでなく、グリーン上にプラトーの箇所があるとのこと。このグリーンは2個のブラトーが施されている。グリーンの傾斜も右後方から左手前に傾斜していて、ピンまでの距離が長いと2個のプラトーと全体的な傾斜で3パットのリスクがある。
 
5番 パー3 211ヤード

ホール名:ピアリッツ 長いショート。ピアリッツとは、距離の長いパー3において、縦長のグリーンの中央部分を窪んだ溝が走ってグリーンを二つに分断していることを特徴としたホールのことを言う。このグリーンの溝の縦幅は1メートルほどある。長さが70、80ヤードほどある巨大な長方形のグリーンになる。前の面も後ろの面も左右にバンカーが配され、合計4個の大きいバンカーにガードされている。ピン位置に寄っては距離が相当変わってくる。プレーしてとても面白いホール。

 

グリーンから見る5番ホール

5番 パー3 211ヤード(2)

5番 パー3 211ヤード(1)
 
6番 パー4 399ヤード

6番 パー4 399ヤード
ホール名:ゲート・レイク 左ドッグレッグ。ティショットはゲート・レイク越えで、右のバンンカーと木立が効いてくる。グリーンは前面以外はバンカーで囲まれている。
(セカンド地点からの写真なし)
 
7番 パー4 351ヤード 

ホール名:ロード ストレートの短いミドル。ティショットではFWは広いが、FWの半分の横幅のバンカーが右サイドから横たわる。ロングヒッターは個のバンカーをキャリーで越えるが、通常は効いてくる。グリーンの左サイドにバンカーと池がある。グリーンは横に長く、右サイドから奥に道路(ロード)が抜けている。セントアンドリュース・オールドコースの17番のロードホールが見本。

 

7番 パー4 351ヤード(3)

7番 パー4 351ヤード(2)

7番 パー4 351ヤード(1)
 
8番 パー5 593ヤード

8番 パー5 593ヤード(2)

8番 パー5 593ヤード(1)
ホール名:レイナ― ストレートの距離のあるロング。ティショットは池越えで、左サイドに1個、右サイドに2個のバンカーは避けなければならない。1つ前の青ティ519ヤードからは、池に囲まれたアイランド・ティグランド。グリーンは右に振られて、手前は大きなバンカーと池が配されている。受けグリーン。
(ティグランドからの写真なし)
 
10番 パー4 459ヤード

10番 パー4 459ヤード(2)

10番 パー4 459ヤード(1)
ホール名:アップ 緩やかな打ち上げで、右ドッグレッグの難しいミドル。ティショットでは左右に3個のバンカーがあるが、右サイドのバンカーは簡単に越えていく。グリーンは砲台で、右サイドはバンカーでガードされている。
 
11番 パー3 181ヤード

11番 パー3 181ヤード(2)

11番 パー3 181ヤード(1)
ホール名:レダン グリーンは斜めの長方形の形状で、右手前から左奥に伸びていると同時に急傾斜。グリーンの手前と左サイドと奥にバンカーがある。グリーン上の右手前に打ち、ボールを傾斜で転がしていくのが良い戦略。このレダン・グリーンはノースベリックGCの15番ホールがオリジナルで、世界で最も模倣されているグリーン。
 
15番 パー4 321ヤード

ホール名:パンチボール ストレートの短いミドル。ティショットでは右手にクリークと木立があり、左手にバンカーが配されている。グリーンは左サイドの大きなバンカーと右サイドの小さなバンカーでガードされている。グリーンは左からの傾斜が強いパンチボールグリーン。パンチボールとはグリーンの一部がすり鉢状になっていること。パンチボールはイギリスで使われる英語で野菜を水切りするザルのこと。真ん中にかけて凹んでいるので、グリーン脇にボールが飛んでも傾斜で真ん中あたりに転がってくれるグリーンを言う。

 

パンチボールグリーン

15番 パー4 321ヤード(2)

15番 パー4 321ヤード(1)
 
17番 パー3 177ヤード

17番 パー3 177ヤード
ホール名:エデン グリーンは3個のバンカーでガードされている。グリーン奥の池が美しい。エデン・ホールとは設計者がミドルアイアンを使わせグリーンを狙わせる距離のショート。プレーヤーのアイアンの技量を試すホール。
 
18番 パー4 413ヤード

ホール名:コロニーハウス 強い左ドッグレッグの打ち上げ。ティショットは小さな池を部分的に越えて、広いFWに打っていく。左右に5個のバンカーが配されている。コロニーハウスの前に佇むグリーンは横長で、真ん中が凹んでいながら、しかも受けている。
(ティグランドからの写真なし)

 

18番 パー4 413ヤード(3)

18番 パー4 413ヤード(2)

18番 パー4 413ヤード(1)
 
余談
オーランド市、オーランド空港からほぼ南に1時間。タンパ市から東に1時間5分。プライベートコースなので、メンバー同伴が必要。ロッジ(コロニーハウス)あり。コロニーハウスに泊まれば、メンバーの紹介だけで翌日プレー可。クラブハウスとコロニーハウスは同じ建物。 トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)の2018年度フロリダ州で第7位のベストコース。フロリダ州には1250ほどのゴルフコースがある。

セス・レイナー設計で有名なコースは他に、シカゴ GC、カマーゴ C、フィッシャーズ・アイランド C、CC・オブ・フェアフィールド、エセックス・カウンティCC、フォックスチャペル GCイーマンズホール C、ショアエーカーズ、サニングデール CCワイアラエCCザ・コース・アット・イエールなどがある。



コロニーハウス

コロニーハウス

コロニーハウス


ディナー

ディナー

ディナー

プレー前日は、ゴルフ場の隣接ロッジ(コロニーハウス)で泊まり、夕食はロッジ内のレストランで食べた。ロッジも食事も素晴らしかった。