ストリームソング、ブルーコース
Streamsong (Blue Course)

コースデータ
所在地 アメリカ、フロリダ州
コース長 7176ヤード パー72
コースレート 74.0
プレー日 2017年4月22日
設計者 トム・ドォーク
オープン 2013年
キャディ あり
ゴルフカート あり
評価
総合評価
5.15
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
6

アメリカを代表するゴルフリゾートでレッドとブルー、ブラックの3つのコースを有する。今の設計界をリードするクアー&クレンショー(レッド)、トム・ドォーク(ブルー)は2013年に設計、ギル・ハンス(ブラック)が2017年に加わった。3コースとも住宅とかの人工物が一切見えなく、コースそのものが周りの自然の中に溶け込んでいる。



景観

景観

15番グリーンからの景観

高低差があり、美しく戦略性に富んだコース。ブルーコースはレッドコース同様にティショットでのFWは広いが、セカンドを良いラインで打つために、FWのどちら側にボールを置くが大切になる。ブルーコースト比較して池越えのティショットが多いのと、ゴルフ場の立地がよりコンパクトの造りになっている。OUTはINより高低差が大きい。初めは易しいホールが続き、14番から18番までがタフになる。全てのグリーンの傾斜は複雑で大きく、パットまでもチャレンジグ。何度プレーしても飽きないコースである。7番の名物ショートホールも良いが、17番、18番の上り2ホールは特に素晴らしい。

スコアカード

 
3番 パー4 418ヤード

3番 パー4 418ヤード(2)

3番 パー4 418ヤード(1)
左ドッグレッグ。ティショットは池越え。広いFWの真ん中に1個のクロスバンカーがあり、ティショットはそのバンカーの左狙いが良い。セカンドは打ち上げ。グリーンは砲台で左手前に2個のガードバンカーとグリーンの左は池のハザードになる。
 
4番 パー4 442ヤード

左ドッグレッグでセカンドは打ち上げ。ティショットではFWは広いが、ティショットをFW左半分に打つのがベスト。左FWに3個のFWバンカーが縦に続いて配されているが、それらのバンカーの近くから打つ方がセカンドの距離が短くなる。グリーンは、左50ヤードほど手前に大きくて深いバンカーと右手前に3個の深いバンカーでガードされている。グリーンの右はコレクションエリア。強い受けグリーン。

 

グリーンか望む4番ホール

4番 パー4 442ヤード(2)

4番 パー4 442ヤード(1)
 
6番 パー4 345ヤード

6番 パー4 345ヤード(2)

6番 パー4 345ヤード(1)
右ドッグレッグの短いミドル。グリーン手前70ヤードからが打ち下ろしになるので、1オン可のホール。ティグランドから230ヤード先(317ヤードの黒ティから)のFWの真ん中に入りやすいバンカーがひとつ配され、ティショットでドライバーを使うか、バンカーの手前に刻むかを選択する。グリーンの右は3個のバンカーでガードされ、奥には背の高いデューンが聳える。グリーン面は堅く、左手前から右奥に傾斜。
 
7番 パー3 203ヤード

レッドコースから望む7番ホール

7番 パー3 203ヤード
名物ホール。美しい池越え。グリーンは縦長で3個のバンカーでガードされていて、グリーン上にはいくつかの起伏が施されている。
 
8番 パー4 454ヤード

8番 パー4 454ヤード(2)

8番 パー4 454ヤード(1)
やや左ドッグレッグの難ホール。ティショットは打ち下ろしになり、250ヤード先(437ヤードの黒ティから)のFW真ん中に、FWバンカーが斜めに横たり、FWを左右に分けている。左FWからのセカンドでは距離が短くなるが、池越えになる。右FWバンカーの方がFW幅は広く、セカンドでグリーンを狙うアングルは良いが、セカンドが長くなる。グリーンは縦長で左右に4個バンカーと左にブッシュが配されている。
 
10番 パー3 187ヤード

10番 パー3 187ヤード
チャーミングなショート。グリーンは斜めに細長い形状で、4個のバンカーで囲まれていて、グリーン左のガードバンカーが一番よく効いてくる。グリーン真ん中半分は左傾斜でそのバンカーの方に下っている。グリーンが難しい。
 
12番 パー4 408ヤード

12番 パー4 408ヤード(2)

12番 パー4 408ヤード(1)
やや左ドッグレッグ。ティショットは強い打ち下ろしになり、左の4個のFWバンカーとデューンに注意。セカンドは池越えになり、グリーンすぐ右のハザードは避けたい。グリーンは縦に細長い、段差の強い2段グリーン。グリーンは5個のバンカーでガードされ、セカンド地点から見るグリーン奥のデユーンの景観が良い。
 
13番 パー4 312ヤード

13番 パー4 312ヤード(2)

13番 パー4 312ヤード(1)
ストレートの1オン可能な短いミドル。左からグリーンに近づくにつれ迫ってきて、ティショットが飛べば飛ぶほど落し所が狭くなる。2個のバンカーも効いてきて、左バンカーは240ヤードで捕まり(293ヤードの黒ティから)右バンカーは250ヤードで越えるが、2つのバンカーの間のFW幅は30ヤードほどしかない。グリーンは縦に程長く、グリーンの左の4個のバンカー池が効いている。グリーンは手前から奥に下っている。典型的な“リスクと報酬”ホール。ティショットでドライバーを持つか刻むかの選択に迫られる。
 
14番 パー5 545ヤード
右に曲がってからやや左に曲がるダブルドッグレッグ。ティショットは池越えになり、右に2個のFWバンカーと池がある。セカンドの落し所の左右にバンカーが配され、その2つのバンカーの間のFW幅は30ヤードほどしかない。グリーンは円形で左右手前にバンカーがある。
 

14番 パー5 545ヤード(3)

14番 パー5 545ヤード(2)

14番 パー5 545ヤード(1)
 
16番 パー3 237ヤード

16番 パー3 237ヤード(2)

16番 パー3 237ヤード(1)
大変距離のあるショート。花道が広いので方向性と距離出れば、グリーン手前を転がって乗る。グリーン右を3個のバンカーとデューンがガードしている。グリーン左のFWからグリーンまで右傾斜。グリーンは斜めの形状で真ん中に尾根が走っている。尾根をまたいでのパットは距離合わせが難しくなる。
 
17番 パー5 590ヤード

17番 パー5 590ヤード(1)

ほぼストレートの難しく長いロング。ティショットでは右の巨大FWバンカーが効いてきくる。セカンドはグリーン手前150ヤードから80ヤードを斜めに横切る4個のクロスバンカーを越えていくか、手前に刻むかを決断。グリーンの左半分は大きなバンカーで囲まれ、グリーン面の左手前は凹んでいる。


17番・グリーン

17番 パー5 590ヤード(3)

17番 パー5 590ヤード(2)
 
18番 パー4 478ヤード

18番 パー4 478ヤード(2)

18番 パー4 478ヤード(1)
やや右ドッグレッグの長いミドル。ティショットでは右にFWバンカーが3個あり、FWは右傾斜。セカンドは緩やかな打ち下ろしになり、グリーン90ヤード前後手前にある3個のクロスバンカー越えになり、グリーンの30ヤード手前に配された1個のガードバンカーが効いてくる。グリーンは円形で後部半分の面は強く受けているので、グリーン奥からの寄せは難しい。
 
余談
タンパ空港から東に1時間10分、オーランド空港から南西に1時間半。パブリックコース。ストリームソング・リゾートの宿泊施設あり。ホテルから数分のクラブバスでコースに移動。 。幸運にもストリームソングのヘッドプロとプレーとして、いろいろコースの情報を教えてもらった。

キャディ

ランチ

ヘッドプロと

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)の2018年度フロリダ州で第4位のベストコース、全米ベスト100では第70位。フロリダ州には1250ほどのゴルフコースがある。

トム・ドーク作でトップ100ゴルフコースの2019年度全米ベスト100にランクインしているのは、バンドンデューンズGR(パシフィック・デューンズ)(オールド・マクドナルド)、セボナックGC、バリーニールGC、ロック・クリーク・キャトル・カンパニー、セボナックGC、ストリームソングGR(ブルーコース)がある。



ストリームソング・リゾート

ストリームソング・リゾーン

部屋からの景観

ストリームソング・リゾートは東のストリームソング(3コース)、西のオレゴン州にあるバンドンデユーンズ(4コースとパー3コース)と言われるほどアメリカを代表する最高級のゴルフリゾート。設計者もクーア&クレンショーとトム・ドークが両方のゴルフリゾートで設計している。

Best Western Heritage Inn & Suites

Best Western Heritage Inn & Suites

<プレー前夜はコースまで北西に20分のBest Western Heritage Inn & Suitesで泊まった。