ウェスト・サセックス ゴルフクラブ
West Sussex Golf Club

コースデータ
所在地 イングランド、南東部
コース長 6351ヤード パー68
コースレート なし
プレー日 2015年6月25日
設計者 ガイ・キャンベル、C.K.ハッチソン、S.V.ホッチキン
オープン 1931年
キャディ なし
ゴルフカート なし (電動トローリーあり)
評価
総合評価
4.90
コースレイアウト
5
難易度
3
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
5

静寂な森の中に佇むヒースランドコース。長くて狭い土地、一方向にOUTが進んでINで戻ってくるという簡単なルーティングでなくて、ジグザクに絶えず方向を変えながら18ホールが独創的にレイアウトされている。7番から10番の4ホールだけがほぼ同じ方向に進んでいるが、他のホールは続けて同じ方向に打つホールがなく、毎ホール風向きが変わり、レイアウトの良さを感じさせる。FWには起伏があるが、グリーンはほぼフラットなのが少し残念。もう少しグリーンも起伏がある方がコースの一体感がでてくると感じた。しかし微妙な傾斜が各グリーン上に施されている。パー68で6351ヤードはパー72ヤード換算で6725ヤードある。



クラブハウスからの景観

7番パー4、ヘザー越えのティショット

15番グリーン

各ホール樹木だけでなく、ヘザー、グースのラフでセパレートされている。バンカー、池が巧みに配され、ヘザー、グースのラフも効いてくる。OUTよりINの方が長くて狭くて。よりチャレンジングで、個性的なホールが多い。6番と13番ホールはイギリスでのベスト・インランドホール(海沿いのリンクスホールでなく内陸地でのホール)と呼ぶ声が高い。“隠れた宝石”のようなコースなのは間違いない。

 
1番 パー5 484ヤード

やや左ドッグレッグの短いロング。ティショットは左に2個のFWバンカーがあり、左右に木々が並び、左のOBゾーンは浅い。2オン狙いなら、FWの右サイドからセカンドを打つとグリーンを狙い易い。グリーン左手前に1個の大きなバンカーが配されている。グリーンは縦長で、手前から奥に下っている。易しいオープニングホールでパー4に変更すれば、最初のホールとしては手強すぎるかもしれない。

 

1番 パー5 484ヤード(3)

1番 パー5 484ヤード(2)

1番 パー5 484ヤード(1)
 
5番 パー3 158ヤード

5番 パー3 158ヤード(2)

5番 パー3 158ヤード(1)
ヘザー越えの美しいショート。グリーンの左は3個のバンカーでガードされている。受けグリーン。グリーンは立派な松に囲まれている。
 
6番 パー3 226ヤード

打ち下ろしで距離のある池越えのショート。グリーンの左サイドはヘザーが生い茂った大きなマウンドに接して、左に飛ぶとアプローチが極端に難しくなる。右サイドには2個のバンカーが配されている。縦長の2段グリーンで下の段は強く受けている。安全に打つにはグリーン手前か右手前に置き、そこからは寄せ易い。

 

6番 パー3 226ヤード(3)

6番 パー3 226ヤード(2)

6番 パー3 226ヤード(1)
 
10番 パー4 395ヤード

10番 パー4 395ヤード(2)

10番 パー4 395ヤード(1)
ほぼ直角に左に曲がっているミドル。左コーナーに4個のFWバンカーが縦に並んで配されている。ティショットをプレーヤーの飛距離と球筋に応じてどのラインで攻めるかを決めるのが大切。安全にはそれらのバンカーの右に打つと良いが、セカンドの距離が長くなる。FWの左は松の木立があり、右にはOBラインでもあるオークツリーが並んでいる。グリーンの左サイドは1個のバンカーでガードされ。グリーン上には小さな尾根が走る。
 
11番 パー4 458ヤード

右ドッグレッグの難ホール。ティショットでは左手にヘザーのラフ、右手に2個のFWバンカーがあり、FWは左から右に傾斜しているので、FWの左エッジ狙いが良い。グリーンの左サイドはヘザーのラフ、右サイドは大きくて深いバンカーでガードされ、奥にはゴース(ハリエニシダ)も生えている。

 

11番 パー4 458ヤード(3)

11番 パー4 458ヤード(2)

11番 パー4 458ヤード(1)
 
12番 パー3 221ヤード

12番 パー3 221ヤード
距離のあるチャレンジングなショート。やや打ち上げのヘザー越えになる。グリーンは斜めで、右に2個のバンカーが配されている。右サイドのOBゾーンは浅い。グリーンの奥に並んでいる松林もこのホールの良さを高めている。グリーン上は総じてフラットだが、左サイドにいくらかの微妙な傾斜がある。
 
13番 パー4 378ヤード

13番 パー4 378ヤード(2)

13番 パー4 378ヤード(1)
ほぼストレートのミドル。FWの左右に深いヘザーのラフが並び、FWをガードしている。ティショットでは1個の左FWバンカーにも注意が必要。グリーの手前から左右に3個のバンカーが配されている。グリーンはコースの中で一番傾斜が強く、受けながら右傾斜もしている。
 
14番 パー4 431ヤード

名物ホール。右ドッグレッグの素晴らしいミドル。ティショットは大きく茂ったヘザー越えで、比較的タイトなFWの右サイドにはゴースが生えた土手が続く。左サイドは一見広いが、ラフが効いてくる。セカンドは緩やかな打ち下ろし。縦長グリーンの左にOBの池、右にバンカー、20ヤードほど左手前にもバンカーが配されている。

 

14番 パー4 431ヤード(3)

14番 パー4 431ヤード(2)

14番 パー4 431ヤード(1)
 
15番 パー3 145ヤード

15番 パー3 145ヤード(2)

15番 パー3 145ヤード(1)
池越えの美しいショート。距離がないので易しいホール。緩やかな傾斜の2段グリーン。
 
16番 パー4 364ヤード

バンカーが一つもない右ドッグレッグ。ティショットはブラインドになり、左右にヘザーのラフと右サイドには松林が並ぶ。セカンドはヘザーが生い茂った2つのマウンド越え。グリーンはほぼ横長で、ラフに囲まれている。グリーン前部と花道は上から下への下り傾斜が強い。

 

16番 パー4 364ヤード(3)

16番 パー4 364ヤード(2)

16番 パー4 364ヤード(1)
 
17番 パー5 439ヤード

17番 パー5 439ヤード(2)

17番 パー5 439ヤード(1)
右ドッグレッグ。ティショットは谷越えになり、FWの右サイドにある3個のバンカーを避けなければならない。セカンドもFWの谷越えで、FWに3個斜めに並んで配されているバンカーも越えなければならない。その右端のバンカーはグリーンの右手前もガードしている。グリーン背後のある松とオークの木々も美しい。
 
余談
ロンドンからほぼ南に1時間45分、ヒースロー空港からも南に1時間10分、ガトウィック空港から南西に40分。プライベートクラブだが、プレーは可能。ハンディキャップ証明書が必要。

トップ100ゴルフコース(www.top100golfcourses.com)の2019年度イングランドで第11位のベストコース。全英(アイランドも含む)では第29位、全英(アイランドも含む)では2800コースあり、その内イングランドでは1900以上のゴルフコースがある。



レストラン

レストラン

ガイ・キャンベル設計、再設計のコースでトップ100ゴルフコースでの2019年度の全英(アイルランドも含む)ベスト100コースにランクインしているのは、マクリハニッシュGC、プリンセスGC、ロイヤル・シンク・ポーツGCライGCウェスト・サセックスGCがある。

C.K.ハッチソン設計、再設計のコースでは、グレンイーグルズ・キングスコース、グレンイーグルズ・クイーンズコース、ノースベリックGCターンベリー・エイルサコースウェスト・サセックスGCが2019年度の全英のベスト100に入っている。



The Roundabout Hotel

The Roundabout Hotel

The Roundabout Hotel

プレー前日はコースまで車で6分のThe Roundabout Hotelに泊まった。