フォームビー ゴルフクラブ
Formby Golf Club

コースデータ
所在地 イングランド、北西部
コース長 7044ヤード パー72
コースレート 75.0
プレー日 2017年7月26日
設計者 ウィリー・パークJr、ジェームズ・ブレイド、ハリー・コルト、ドナルド・スティール
オープン 1884年
キャディ あり
ゴルフカート なし
評価
総合評価
4.80
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
5

リンクスとパークランドに複合コース。海の近くのリンクスランドに展開するが、3方を松林と接するのでヘザーランドの趣もある。1894年のクラブ設立と同時に9ホールが造られたが、本格的なコースになったのは、1912年にウィリー・パークJrがオリジナルの18ホールをレイアウトした。1922年のジェームズ・ブレイド、1933年にハリー・コルトが改造した。海岸線が侵食されていたので、1980年代にドナルド・スティ―ルがコースの修正と距離を7000ヤード以上に長くした。2020年から6年かけてマッケンジー&エバートがコースを改造中だ。



クラブハウスからの景観

1番ホール横を走る電車

ほぼ四角形の敷地の外側を1つのループで時計の反対周りに進んでいくルーティンッグで、7番、15番、16番の3ホールだけが進行方向の逆に戻る。コースの内側はフォームビー・レディズGCという男性もプレー出来る、女性用の素晴らしい18ホールのコースがある。松林に広がるOUTと海沿いに広がるINと2つの顔があり、最初の3ホールは鉄道線路に沿って北に進み、4番ホールで方向を変え、西のアイリッシュ海の方に行ってジグザクしながら戻ってくる。

9番ホールと海

14番ティからの景観

18番グリーンと海

バンカーは絶妙に配置され、FWはタイトで起伏が激しく、ヘザーのラフがコースの至る所で効いていて、松林にガードされているホールもいくつかある。また海風が松林でブロックされていて、FWは他のリンクスコースと比べて硬くなくランもあまり出ない。海のすぐ近くのコースだが、つまりパークランドコースの特徴も兼ね備えている。全体的に18ホールが全て手強く、戦略的なホールで、プレーヤーの技量がしっかり試される。


 
2番 パー4 400ヤード

2番 パー4 400ヤード(2)

2番 パー4 400ヤード(1)
右サイドはOBゾーンが続くストレートホール。ティショットでは右サイドに3個のバンカーがあり、FWはタイト。バンカーの更に右には林のOBゾーンがある。縦に長いグリーンは少し砲台で、左サイドにバンカーが配され、グリーン前半分は受けている。
 
4番 パー4 312ヤード

4番 パー4 312ヤード(2)

4番 パー4 312ヤード(1)
やや右ドッグレッグの短いミドル。ロングヒッターはグリーン近くまで飛ばせるが、FW左右に合計5個のポットバンカーが配され、飛べば飛ぶほどFWは狭くなり、ティから270ヤード先のFW幅は10ヤードほどしかない。グリーンは円形で左手前にガードバンカーがあり、グリーンは少し右に傾斜している。“リスクと報酬”ホール。
 
5番 パー3 183ヤード

5番 パー3 183ヤード(2)

5番 パー3 183ヤード(1)
少し打ち上げ。グリーンは強い砲台で、左サイドと手前に計4個の深いバンカー、右サイドは大きなラフのマウンドでガードされている。グリーンオーバーは下りスロープの深いラフになるので避けたい。
 
6番 パー4 430ヤード

左ドッグレッグの難ホール。ティショットでは右サイドに3個のポットバンカーがある。セカンドはいくつかのラフのマウンド越え。グリーン周りにはバンカーが無いが、グリーンは馬の背で寄せもパットも難しい。

 

6番 パー4 430ヤード(3)

6番 パー4 430ヤード(2)

6番 パー4 430ヤード(1)
 
8番 パー5 483ヤード

左ドッグレッグで短いが手強いロング。ティショットは打ち下ろしで、馬の背形状のFWに打っていく。セカンドも落し所が狭い。サードは打ち上げ。グリーンは左手前から右奥に斜めに伸びている2段グリーンで、左サイドから奥はデューンのラフが配され、右奥は急な下り傾斜になっている。

 

8番 パー5 483ヤード(3)

8番 パー5 483ヤード(2)

8番 パー5 483ヤード(1)
 
9番 パー4 463ヤード

やや右ドッグレッグのとてもタフなミドル。ティショットでは左サイドに松林、左右にラフがありFWは狭い。セカンドは40ヤードの長さで20個ほどあるラフのマウンド越え。グリーンの左サイドはバンカー、右サイドはデユーンでガードされている。2段グリーン。

 

9番 パー4 463ヤード(3)

9番 パー4 463ヤード(2)

9番 パー4 463ヤード(1)
 
11番 パー4 422ヤード

11番 パー4 422ヤード(2)

11番 パー4 422ヤード(1)
ストレートホール。ティショットでは左サイドからデューンが迫り、右サイドには3個のポットバンカーがある。セカンドは少し打ち上げ。グリーン周りにはバンカーは無いが、グリーンはデューンに囲まれている。
 
12番 パー4 421ヤード

やや左ドッグレッグ。ティショットではFWに起伏があり、右サイドに1個のポットバンカーが配されている。グリーンは砲台で左サイドから左手前は1個の細長いバンカーでガードされている。

 

13番 パー4 308ヤード(3)

13番 パー4 308ヤード(2)

13番 パー4 308ヤード(1)
 
14番 パー4 428ヤード

左ドッグレッグ。ティショットは打ち下ろしで左サイドのOBゾーンは浅い。グリーンは円形で、左サイドと左手前にポットバンカーがあり、右サイドはラフで守られている。グリーンは受けていて、真ん中に尾根も走る。

 

14番 パー4 428ヤード(3)

14番 パー4 428ヤード(2)

14番 パー4 428ヤード(1)
 
15番 パー4 400ヤード

バンカーが1つも無いほぼストレートホール。ティショットではFWは狭くアンジュレーションがある。セカンドはFWの丘越え。グリーンの左右手前にマウンドがある。縦に長い2段グリーン。

 

15番 パー4 400ヤード(3)

15番 パー4 400ヤード(2)

15番 パー4 400ヤード(1)
 
16番 パー3 139ヤード

横から見る16番グリーン)

16番 パー3 139ヤード
美しいショート。距離はないので難しくはない。砲台グリーンで左サイドに1個、手前に2個のバンカーが配されている。
 
余談

リバプール市から北に30分、マンチェスター空港からほぼ西に1時間30分、サウスポートから南に16分。プライベートクラブだがビジターのプレーは可能。



ラウンジ

レストラン

ランチ

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)での2019年度イングランドのベスト100コースで第19位、2019年度全英(アイランドも含む)ベスト100コースでは第46位。全英(アイランドも含む)では2800コースあり、その内イングランドでは1900以上のゴルフコースがある。

ウィリー・パークJr設計、再設計のコースでトップ100ゴルフコースでの2019年度、全英(アイランドも含む)のベスト100コースにランクインしているのは、フォームビーGC、ノッツGC、パークストンGC、シロス・オン・ソルウェイGC、サニングデールGC・オールドコース、ウーブルズドンGCで6コースある。アメリカではメイドストーンGCオリンピア・フィールズGC・ノースコースの2つの素晴らしい作品を残している。

午前中にウェスト・ランカシャーGCでプレーしてから午後フォームビーGCでプレーした。移動時間は北に20分。