ダンドナルド リンクス
Dundonald Links

コースデータ
所在地 スコットランド、南西部
コース長 7100ヤード パー72
コースレート 76.3
プレー日 2015年7月30日
設計者 カイル・フィリプス
オープン 2003年 
キャディ あり (要事前予約)
ゴルフカート あり(要事前予約)
評価
総合評価
4.65
コースレイアウト
5
難易度
5
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
4
 

モダン・リンクスコース。FWはうねっていて、海からの強い風、深いラフ、適所に配されたバンカー、微妙な傾斜を有するグリーンにより、手強いコースと言える。OUTよりINの方が少し難しいが、OUTも2つのパー5がアゲンスト風の中でのプレーでかなりタフになるのと、6番の短いショートも侮れない。11番のとても短いショートは近くにあるロイヤル・ツルーンGCのポステージスタンプのパー3を意識している。15番から18番ホールの4ホールも良い。海沿いのウェスタン・ゲイルスGCとはダンドナルドリンクスの西側に位置する線路を挟んで隣接していて、コースから所々で海がかすかに見える。コース名のダンドナルドはドナルド要塞という意味で、紀元前数百年前にドナルド要塞がこのコースの近くにあったので、コース名にしている。2016年全英女子オープン、2017年欧州ツアーのスコットランドオープン開催。



9番ホールの景観

11番ティからの景観

12番グリーンと電車


13番ティから望む隣りのコースと海

13番ホールに沿って伸びる鉄道線

深いラフとハリエニシダ

スコアカード

 
1番 パー4 460ヤード

1番 パー4 460ヤード(2)

1番 パー4 460ヤード(1)
ストレートホール。ティショットは右のOBゾーンは浅く、左FWにある1個のポットバンカーが効いてきて、230ヤード以上飛ぶとFW幅が狭くなる。グリーンは砲台。
 
2番 パー4 405ヤード

2番 パー4 405ヤード(2)

2番 パー4 405ヤード(1)
右ドッグレッグ。ティショットでは260ヤード先の左に1個のポットバンカーが配され、タイトなFWの左右は深いラフでガードされている。グリーンは3個のバンカーでガードされている。強い受けグリーンなので、グリーンの左右と奥からの寄せは難しい。
 
3番 パー5 540ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットは右にバーン(クリーク)が走り、FWがタイト。280ヤード先に大きなFWバンカーがあり、その手前にティショットを止めるのが安全。セカンドはグリーン手前の70ヤードから100ヤードをバーンが斜めに横切り、そのバーンを越すか、手前に刻むかの決断に迫られる。グリーン真ん中が凹んだ縦長の3面グリーンで3個のバンカーでガードされている。

 

3番 パー5 540ヤード(3)

3番 パー5 540ヤード(2)

3番 パー5 540ヤード(1)
 
5番 パー5 550ヤード

左に左にと曲がるロング。ティショットは1個左FWバンカーに注意。ショットが飛べば飛ぶほど、FWは狭くなる。グリーン上に2つの大きな尾根が走り、尾根をまたいでのパットは難しい。

 

5番 パー5 550ヤード(3)

5番 パー5 550ヤード(2)

5番 パー5 550ヤード(1)
 
6番 パー3 170ヤード

6番 パー3 170ヤード
チャレンジングなホール。グリーンのすぐ左に溝と木々が配され、グリーンの左手前に1個のポットバンカーがある。グリーン右サイド狙いが安全だが、グリーン右奥のもう一つのポットバンカーが、奥行きが22ヤードしかないグリーンをオーバーしたショットを待ち受ける。グリーンは少し砲台。
 
8番 パー4 395ヤード

ほぼストレート。FWなタイトでティショットは左の1個のバンカーがある。グリーンは強い砲台でグリーン手前に1個のポットバンカーがある。

 

8番 パー4 395ヤード(3)

8番 パー4 395ヤード(2)

8番 パー4 395ヤード(1)
 
11番 パー3 120ヤード

11番 パー3 120ヤード
ブッシュ越えの短いショート。砲台の横長グリーンで、手前は3個のバンカー、奥は1個のバンカーでガードされている。グリーン面は右奥から左手前に傾斜。
 
12番 パー4 350ヤード

やや左ドッグレッグの、距離のないミドル。ティショットは左のOBゾーンは浅いが、FW左サイド狙いが良く、そこからはグリーンを狙いやすい。グリーンは砲台で右に3個のガードバンカーが配されている。グリーンの奥すぐに線路があり、プレー中良く電車が通りすぎる光景に出くわす。

 

12番 パー4 350ヤード(3)

12番 パー4 350ヤード(2)

12番 パー4 350ヤード(1)
 
15番 パー3 215ヤード

15番 パー3 215ヤード(2)

15番 パー3 215ヤード(1)
距離のあるショート。グリーンは左奥から右手前に急傾斜なので、グリーン右サイド狙いが良い。砲台グリーンの手前と左手前に合計2個の深いガードバンカーがあり、これらのバンカーは避けたい。
 
16番 パー4 470ヤード

16番 パー4 470ヤード(2)

16番 パー4 470ヤード(1)
ほぼストレートの難ホール。ティショットは右に木々が並び、OBゾーンも浅い。また260ヤード先のFW真ん中に1個のバンカーが配されていて、FWは馬の背で中央から左右に下っている。グリーンは縦長の2段状で、左は1個のポットバンカー、右は木々でガードされている。
 
18番 パー5 560ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットは右の2個のFWバンカーに注意。セカンドはFW左右に3個のバンカーがあり、落とし所が狭い。グリーンの手前から右に溝が走り、ロングヒッターの2オン狙いはその溝を越えていかなければならない。縦長の2段グリーン。

 

18番 パー5 560ヤード(3)

18番 パー5 560ヤード(2)

18番 パー5 560ヤード(1)
 
余談
グラスゴーから車で南西に45分。ウェスタン・ゲイルスGCに隣接していて車で4分。前夜はBraidmead Houseに泊まりそこから車で10分。


Braidmead House

Braidmead House

Braidmead House

トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)の2017年度スコットランドのベストゴルフコース第26位、イギリス諸島全体では第82位に選ばれている。2017年にはイギリス諸島全体で2800コースあり、その内スコットランドにはおよそ580コースある。

カイル・フィリプスのスコットランドでの他の設計コースはキングスバーンGLがあり、アブダビのヤス・リンクス、韓国のサウスケープ・オーナーズCなども彼の有名な作品。