ロッホ・ローモンド ゴルフクラブ
Loch Lomond Golf Club

コースデータ
所在地 スコットランド、ハイランド
コース長 7140ヤード パー71
コースレート 75.3
プレー日 2015年7月23日
設計者 トム・ワイスコフ、ジェイ・モリッシュ
オープン 1993年 
キャディ あり (要事前予約)
ゴルフカート なし
評価
総合評価
5.25
コースレイアウト
5
難易度
6
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
5
満足度
6
 

世界的に有名なローモンド湖のほとりに展開する美しくフラットなコース。湖と山々に挟まれた600エイカーの広大な敷地(東京ドーム55個分)に、46種類の豊富な樹木がコース全体を覆い、多くの野生生物の生息地となっている。5番、6番、10番ホールはゴルフマガジン2000年度の世界ベスト500ホールに選ばれていて、これらの世界クラスのホールだけでなく、多くのホールが美しく印象に残る。5個のホールでローモンド湖が絡んでくる。



ローモンド湖

3番グリーンからの景観

7番グリーンからの景観

グリーン、FWのメンテ、樹木の手入が良い。18ホールのルーテングも良く、地形を活かしただけでなく18回の連続ドラマを演出しているように感じるだろう。ホール毎の風の向きは、2番と2番、6番と7番、8番と9番だけが同じで、ほとんどのホールで毎ホール違う素晴らしいレイアウト。1996年から2010年までは毎年スコティッシュ・オープンを開催した。クラブハウスはスコットランドの氏族のひとつ、コフーン氏族が1773年に建てたロスドゥ屋敷を使っている。

スコアカード

 
2番 パー4 455ヤード

左ドッグレッグ。ティショットでは左にブッシュ、右に3個のFWバンカーがある。FWは広いが、左サイドからのセカンドはグリーンを狙いやすい。セカンドは石の壁越え。グリーンの左に大きくて深いガードバンカーが配されているので、グリーンを外すのなら右が良い。4番ホールとの共有グリーン。

 

2番 パー4 455ヤード(3)

2番 パー4 455ヤード(2)

2番 パー4 455ヤード(1)
 
3番 パー5 510ヤード

両サイドに木立が連なる左ドッグの綺麗なホール。緩やかな打ち下ろしなので2オン可能。ティショットは大きな左FWバンカーが効いてくるが、FW左サイドに打つとセカンドでグリーンが狙いやすい。グリーンの左はすぐ湖になり、右には池が配されている。グリーン左には1個のバンカーでガードされていて、グリーンは左傾斜。典型的な“リスクと報酬”ホール。

 

3番 パー5 510ヤード(3)

3番 パー5 510ヤード(2)

3番 パー5 510ヤード(1)
 
5番 パー3 190ヤード

5番 パー3 190ヤード(2)

5番 パー3 190ヤード(1)
名物ホール。ブッシュ越えでグリーン後方の湖に向かって打つショート。絵葉書になるぐらい美しい。グリーンは奥が低い縦長の2段状で、4個のバンカーでガードされている。グリーン左の大きなガードバンカーからの寄せは難しいので、グリーンを外すとすればアプローチが簡単な右が良い。ゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。
 
6番 パー5 625ヤード

右の湖が広がるほぼストレートの長いロング。ティショット、セカンドともFWは比較的広い。セカンドではグリーン手前150ヤード前後のFWに大きなクロスバンカーが横たわる。セカンドはそのバンカー越えがベストだが、手前に刻む場合はFWが右の木立の方へ右傾斜しているので、FWサイドに打つのが良い。グリーンは縦長の砲台で、左奥と右にバンカーが配され、右には湖もある。グリーン右手前に配された2本の立派な木もアプローチショットで厄介になる。ゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。

 

6番 パー5 625ヤード(3)

6番 パー5 625ヤード(2)

6番 パー5 625ヤード(1)
 
7番 パー4 440ヤード

右に湖が広がる、やや右ドッグレッグ。ティショットは緩やかな打ち下ろし。グリーンの右から右手前には1個の大きなガードバンカーがあり。グリーン右奥はすぐ湖なので。正確なセカンドを求められる。

 

7番 パー4 440ヤード(3)

7番 パー4 440ヤード(2)

7番 パー4 440ヤード(1)
 
10番 パー4 455ヤード

10番 パー4 455ヤード(2)

10番 パー4 455ヤード(1)
やや左ドッグレッグのとても美しく難しいミドル。ティから290から300ヤード先にクリークが横切る。FWは広いが、セカンドをFW右半分から打つとグリーンを狙いやすい。セカンドは池越えになり、縦長グリーンの左は池に面し、グリーンの右は1個のバンカーでガードされている。グリーンはセンターから奥に下っているので、ピン位置が奥の場合は難度が増す。グリーンの奥にもクリークが流れる。池、森、山の景観とコースが見事に調和しているホール。ゴルフマガジン2000年度(最新版)世界ベスト500ホールに選ばれている。
 
11番 パー3 235ヤード

グリーンから見る11番ホール

11番 パー3 235ヤード
緩やかな打ち上げの距離のあるショート。グリーンは斜めに置かれ45ヤードの奥行きがあり、真ん中が凹んでいる。グリーン左から左手前に大きくて深いガードバンカー、グリーン奥にも1個の小さいバンカーが配されている。
 
13番 パー5 560ヤード

両サイドにブッシュが続く左ドッグレッグの難ホール。ティショットはやや打ち下ろしになり、左右6個のFWバンカーに注意。セカンドはクリーク越えになり、左右からFWバンカーが迫っており、落とし所のFWはタイト。グリーンは縦に細長く、グリーン左の長くて大きなガードバンカーが効いている。

 

13番 パー5 560ヤード(3)

13番 パー5 560ヤード(2)

13番 パー5 560ヤード(1)
 
14番 パー4 345ヤード

14番 パー4 345ヤード(2)

14番 パー4 345ヤード(1)
右ドッグレッグのあまり距離がないミドル。ロングヒッターはワンオンを狙えるが、グリーンの左から手前にクリークが流れるので、リスクが伴う。グリーンは段差が強い二段状で、グリーン奥から寄せはとても難しい。ロリー・マキロイは3番ウッドでこのホールを1オンしたと聞く。
 
15番 パー4 415ヤード

やや右ドッグレッグ。ティショットは左右に木立とブッシュがあり、280ヤード先に大きなFWバンカーがあり、そのバンカーまではFWは広い。段差の強い横長の2段グリーンで、グリーン手前と奥にガードバンカーがそれぞれ1個配され、グリーン奥にクリークが走る。

 

15番 パー4 415ヤード(3)

15番 パー4 415ヤード(2)

15番 パー4 415ヤード(1)
 
16番 パー4 495ヤード

急な左ドッグのとても長いミドル。グリーンのすぐ手前をクリークが横切るので、セカンドの距離と正確性が求められる。このチャンピオンティからでなく青ティからのプレーは515ヤードと長くなるがパー5になるので、パーセーブは難しくない。

 

16番 パー4 495ヤード(3)

16番 パー4 495ヤード(2)

16番 パー4 495ヤード(1)
 
17番 パー3 215ヤード

17番 パー3 215ヤード(2)

17番 パー3 215ヤード(1)
ヒース越えのショート。グリーンの左はすぐ湖。グリーン縦長で4個のバンカーでガードされている。このホールも美しい。
 
余談
グラスゴー、グラスゴー空港からどちらも北西に45分。プライベートクラブでメンバー同伴が必要。 クラブハウスは由緒ある歴史的建物物を使っている。クラブハウス内はシックで豪華。ロッジあり。

キャディ

ロッジ

トップ100ゴルフコー(top100golfcourses.com)の2019年度スコットランドのベストゴルフコース第17位、イギリス諸島全体では第40位に選ばれている。2017年にはイギリス諸島全体で2800コースあり、その内スコットランドにはおよそ580コースある。ゴルフマガジンの世界ベスト100コースでは2013年度までの20年近くランクインしていた。


レストラン

レエストラン

ロッカールーム

他のトム・ワイスコフ設計で有名なコースは、アメリカではダブル・イーグルGC、フォレスト・ハイランズGC、シルバーリーフC、ザ・リムGC、ツルーンG&CC、ツルーン・ノースGC、TPCスコッツデール(スタジアムコース)、フォレスト・デューンズGC(ワイスコフコース)、フアラライGC(ケオルコース)、ククイウラGC、メキシコのカボデルソル(デザートコース)、南アフリカのジンバリGC、中国のザ・デューンズ神州半島 GC、フィリピンのザ・カントリークラブなどがあり、日本でも1コース豊里GCを手掛けている。