シャーウッド・フォレスト ゴルフクラブ
Sherwood Forest Golf Club

コースデータ
所在地 イングランド、中部
コース長 6806ヤード パー70
コースレート 74.0
プレー日 2017年8月1日
設計者 ハリー・コルト、ジェームズ・ブレイド
オープン 1912年
キャディ なし
ゴルフカート あり (FW走行可)
評価
総合評価
4.40
コースレイアウト
4
難易度
4
グリーンコンディション
5
フェアウェイコンディション
5
造形美、景観
4
満足度
5

多少の高低差があるヒースランドコース。1895年がクラブ設立で、1912年ハリー・コルトが最初に造ったが、1920年代中頃にジェームズ・ブレイドが大改造を施したので、コルトでなくてブレイド作のコースになっている。その後の100年近くは新たなティの新設で距離が長くて、グリーンを大きくしただけ、松の木々が成長して大きくなった以外はコースの変化はない。それでもゴルファーの技量が試されるチャンピオンシップコースなのは、ブレイド設計の良さに尽きる。



7番グリーン


8番パー5、セカンド地点から

18番パー4、セカンド地点から

最初の4ホールは松が少なく、オープンで視界は広がる。INの9ホールは両サイドに松林が並び、隣のホールが木立の隙間から見えるホールもあるが、各ホール独立感がある。OUTはINより長くて難しい。5個あるパー3は7番ホールをはじめ印象的なホールが多い。グリーンは形状も整備も良く、バンカーはFWでもグリーン周りでも戦略的に配され、ヘザーがよく効いているホールが多い。

 
2番 パー4 391ヤード

2番 パー4 391ヤード(2)

2番 パー4 391ヤード(1)
右ドッグレッグ。ティショットではFWは左右5個のバンカーとラフでガードされている。グリーンはほぼ円形で、左サイドと右手前にバンカー、右サイドにヘザーのブッシュがある。
 
4番 パー3 194ヤード

4番 パー3 194ヤード(2)

4番 パー3 194ヤード(1)
クラブハウスを正面に見ながらのフェスキュー越えの打ち下ろし。グリーンはほぼ円形で4個のバンカーに囲まれている。
 
5番 パー5 498ヤード

ほぼストレートで少し短いロング。ティショットはセミブラインドの打ち下ろしでセカンドは強い打ち上げになり、グリーンの60ヤードと80ヤード手前にある左右のバンカーが効いてきて、落し所が狭い。グリーンは縦に44ヤードと長く、両サイド手前にバンカーがある。

 

5番 パー5 498ヤード(3)

5番 パー5 498ヤード(2)

5番 パー5 498ヤード(1)
 
7番 パー3 131ヤード

7番 パー3 131ヤード(2)

7番 パー3 131ヤード(1)
名物ホールで少し打ち下ろしの短いショート。グリーンは縦に細長く5個のバンカーで囲まれている。グリーンは手前から奥に下っている。短いホールだがグリーンの横幅が12、3ヤードしかなく、グリーンを外せば左右のバンカーに捕まる。
 
10番 パー3 179ヤード

10番 パー3 179ヤード(2)

10番 パー3 179ヤード(1)
やや打ち上げのチャレンジングなショート。グリーンは縦に細長く、5個のバンカーで囲まれている。グリーンの奥行きは44ヤードある2段形状。
 
11番 パー4 460ヤード

11番 パー4 460ヤード(2)

11番 パー4 460ヤード(1)
やや右ドッグレッグの緩やかな打ち下ろし。ティショットではFWはタイトで左右にラフ、右サイドに1個のバンカーがある。グリーンの左右はバンカーでガードされ、グリーンは少し右に傾斜している。
 
12番 パー4 426ヤード

12番 パー4 426ヤード(1)

12番 パー4 426ヤード(1)
左ドッグレッグ。ティショットはブラインドのやや打ち上げ。セカンドはやや打ち下ろし。グリーンは縦に長く、左サイドと右手前にバンカーが配され、グリーン右サイドから奥は木立で囲まれている。
 
14番 パー4 443ヤード

14番 パー4 443ヤード(2)

14番 パー4 443ヤード(1)
左ドッグレッグの難ホール。ティショットは緩やかな打ち下ろしで、左右に深いラフと木立がありFWはタイト。セカンドは少し打ち上げ。グリーンは2個のバンカーと6個のマウンドで囲まれている。受けグリーン。
 
16番 パー4 469ヤード

やや左ドッグレッグの長くてタフなミドル。ティショットでは右サイドのFWバンカーが効いてくる。セカンドは打ち上げ。グリーンの50ヤードほど手前左右にクロスバンカーが2個配され、(498ヤードのティからのセカンドで効いてくる)グリーンの左右はバンカーでガードされている。通常のメンバーティは498ヤードの長さの易しいパー5になるが、それでも素晴らしいホール。

 

16番 パー4 469ヤード(3)

16番 パー4 469ヤード(2)

16番 パー4 469ヤード(1)
 
余談

ノッティングガム市から北に35分、ロンドンから北に3時間。プライベートクラブだがビジターのプレーは可能。



レストラン

1904年から名前が載っているボード

トップ100ゴルフコース(top100golfcourses.com)での2019年度イングランドのベスト100コースで第56位。イングランドでは1900以上のゴルフコースがある。

ジェームズ・ブレイドはアメリカで500コースの名門コースを設計したドナルド・ロスのお師匠さん。ジェームズ・ブレイド設計、再設計のコースでトップ100ゴルフコースでの2019年度、全英(アイランドも含む)のベスト100コースにランクインしているのは、アバードベイGC 、ブローラGCカーノスティGLフォームビーGCガントンGCグレンイーグルGC・キングスコース、グレンイーグルGC・クイーンズコース、ハンクリー・コモンGC、ハンスタントンGCネアンGC、ペンナルドGC、ロイヤル・アバディーンGCロイヤル・チンクエ・ポーツGCロイヤル・ツルーンGC、セント・エノドックGC、サウスポート&エインズデールGCの16コースもある。

午前中にノッツGCでプレーして、午後プレーした。2つのコースの移動は北東に15分。